読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

u393のサガン鳥栖な毎日

サガン鳥栖サポーター。サガン鳥栖、Jリーグ、サッカー。色んなことぼちぼちと綴ります。

川崎フロンターレ戦 プレビュー

明日、夜7時よりベストアメニティスタジアムサガン鳥栖vs川崎フロンターレの試合が行われる。サガン鳥栖は前節、ガンバ大阪を相手に先制しながらも先制後すぐの失点と終了間際の失点で2ndステージ初の敗戦を喫した。試合は前半から鳥栖ペースで進めながらも終了間際の失点で逆転負けという最近は出ていなかった最後の部分での集中力を欠いた。試合の内容から判断するとガンバ戦以前の試合と遜色なく攻守にハードワークできており、相手のストロングポイントに対しても上手く対応できている為、今節も自信を持って試合に臨んでほしい。メンバーは前節と変わりはないと思われるが、前節Jリーグデビューのエル・カビルに加え、新加入のアイメン・タハールもベンチ入りの可能性が考えられる。カビルは前節十分な能力を発揮できなかったが、少しずつ試合に絡みサガン鳥栖のサッカー、Jリーグのスピードに慣れ、前線の選手と連携を深めていってほしい。また、個人的にタハールはカビル以上に期待してしまう選手だ。位置的にはプレー動画を見た限り、3ボランチのどのポジションもこなせる能力はある。今の主力に割って入るくらいの活躍を期待すると同時に控えが少なく運動量が求められるポジションに心強い選手が加わったことはリーグ後半戦、もし主力にアクシデントがあってもその穴は埋めてくれるはず。今節でのデビューに期待したい。新たな選手を加えてもこれまでのサッカーをいつも通りすることがサガン鳥栖にとっては一番大事で難敵ではあるがペースを握れない時間帯に焦らずにプレーしてほしい。

一方、川崎フロンターレは現在3連勝中で2ndステージ・年間ともに順位は1位。現時点で最も勢いのあるチームで前節も相手選手の退場で数的優位こそあったが甲府相手に4-0の圧勝。フォワードの小林は7試合連続ゴール中だ。メンバーは前節の甲府戦から大きく変更はないと思われ、ゴールキーパーチョン・ソンリョン、最終ラインは右からエウシーニョ、井川、谷口、武岡、ボランチはエドゥアルド・ネットと中村のダブルボランチで右サイドに小林、左サイドに橋本、トップ下は大塚が務めていたがルーキー長谷川が濃厚、トップは大久保という4-2-3-1のシステムが予想される。リオ五輪の関係で大島と原川が出場できない。ナンバー10でチームの中心の大島が抜けることは川崎にとって大きなダメージではあったが、その穴を感じさせないサッカーを見せており、大島の穴をトップ下の大塚が違う役割でしっかりとカバーしたことはチーム力の高さも感じさせる。今節はルーキー長谷川を起用する可能性もあり、チーム全体としてレベルアップしている印象。前回の対戦では終了間際に大久保が決勝点叩き込みサガン鳥栖に勝利。ただ、今回はサガン鳥栖もチーム力は格段に上がっており、1stステージでの対戦以上の熱い試合が期待できる。川崎フロンターレは中村を中心に細かくパスを繋ぐサッカー、サガン鳥栖としてはパスの出し手も受け手も集中してチェックする必要がある。7試合連続ゴール中の小林だけを警戒するのではなく、大久保、長谷川、橋本にも十分の注意を図り、中村も含め、人ではなく攻撃の形を上手く作らせないようにしたい。そこで鍵になるのはサイドでの攻防だろう。川崎のサッカーはパスで崩すイメージがあるが、その攻撃の形に両サイドバックのエウシーニョ、武岡が絡みだすとサガン鳥栖の攻撃も守りも後手後手になる。これだけは避けたい。川崎の攻撃の引き出しの多さを考えると瞬時に判断して守ることは難しい。サガン鳥栖はあらゆることを頭に入れて試合に臨みたい。今回の試合、サガン鳥栖は絶対連敗は避けたい。川崎フロンターレは勝利で1位という順位を保ち、下との差を離したい。守りのサガン鳥栖と攻撃の川崎フロンターレ、自分たちの理想のサッカーを体現できたほうが勝利できるだろう。今節は多くの来場者も予想され、スタジアムの雰囲気は素晴らしいものになるはず。素晴らしい雰囲気で素晴らしいサッカーをしてくれることに期待し、最後はサガン鳥栖歓喜の瞬間を迎えたい。