読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

u393のサガン鳥栖な毎日

サガン鳥栖サポーター。サガン鳥栖、Jリーグ、サッカー。色んなことぼちぼちと綴ります。

天皇杯 FC琉球戦 プレビュー

明日、午後7時より天皇杯2回戦サガン鳥栖vsFC琉球の試合が行われる。サガン鳥栖はW杯最終予選に日本代表として林、韓国代表としてミンヒョクが選出されているため、そのポジションには確実に新たな選手がチョイスされる。その他にもリーグ戦で控えに回っているメンバーの先発も十分に考えられ、サポーターとしてはベストメンバーではない時にどこまで主力と同様の完成度の高いプレーができるのか、注目したい。正直、FC琉球の試合はこれまでに見たことがないのだが、J3で16チーム中10位とあまり結果は出ていない。ただ、サッカー自体は取られたら取り返すという近年では珍しい攻撃的なサッカーをしているとのことでジャイアントキリングを起こす可能性は大いにある。試合を見たことがなく、攻撃的なサッカーをしているという情報を知って、最近とても見てみたいチームの一つとなっていた為、天皇杯=格上が勝つのが当たり前という考え方ではなく、個人的にはお互いの良い部分が見える試合になればと思っている。サガン鳥栖のサポーターとして鳥栖を応援するのは当たり前だが、ここまで勝ち進んだFC琉球も一人のサッカーファンとして応援したい。明日はキックオフに間に合うか微妙ではあるが現地で観戦予定。天皇杯といういつもと違う雰囲気を楽しみつつ、いつもと違うメンバーも気になるところだ。フィッカデンティは赤星と青木の先発は明言しており、久しぶりの赤星の出場と加入後初の先発となる青木の活躍に期待したい。また、加入後未だ出場がないアイメン・タハールのプレーも見てみたい。鳥栖琉球もトーナメントということで勝ちという結果を求める90分になるが、見応えのある良い試合になることを期待する。