読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

u393のサガン鳥栖な毎日

サガン鳥栖サポーター。サガン鳥栖、Jリーグ、サッカー。色んなことぼちぼちと綴ります。

天皇杯 セレッソ大阪戦 戦評

サガン鳥栖 戦評 セレッソ大阪 Jリーグ 天皇杯

本日、午後7時よりベストアメニティスタジアム天皇杯3回戦サガン鳥栖vsセレッソ大阪の試合が行われた。今回の試合、現地にも行けず、スカパー放送もなく、スマホUstreamをチラッと見た程度ですので、細かい内容は分かりませんが、結果は2-0でサガン鳥栖の勝利。ベスト16に駒を進めた。サガン鳥栖としてはリーグ戦2連敗中ということもあり、いくら天皇杯とはいえ完封勝ちをできたことは次に繋がるだろう。サガン鳥栖のメンバーはいつもと変わりなく、ゴールキーパーは林、最終ラインは右から藤田、ミンヒョク、谷口、吉田、中盤はアンカーにヨシキ、右にミヌ、左に福田、トップ下に鎌田、前線は豊田とカビルの組み合わせとなった。天皇杯ではあるがベストメンバー、リーグ戦次節出場停止ということで前線2人は変更がなかったと思われる。また、後半に次節出場停止の2人に変わって先発が予想される早坂と富山を投入し、割と長い時間の出場で感覚を確かめられたことは良かった。セレッソ大阪のメンバーは試合をほぼ見ていない為、割愛させていただくが、キム・ジンヒョンや丸橋、山口、山村、杉本など、メンバーは十分に上のカテゴリーでも通用する選手がおり、中盤でボールを回して好機をうかがう攻めは浦和、広島と遠くない部分もあり、連続で複数失点をしているサガン鳥栖としては良いタイミングでセレッソと試合ができ、守備の再確認ができたことはプラスになったはず。得点シーンは1点目が豊田のPK。2点目が富山のペナルティエリア左からの低いミドル。豊田は勿論、途中出場の富山が得点できたことで次節のリーグ戦に富山自身も大きな意味のある1点になるだろう。サガン鳥栖に残されたタイトルのチャンスはリーグ戦2ndステージ優勝か天皇杯優勝のみ。一発勝負のトーナメントで行われる天皇杯は内容はともかくまずは勝利することが大切で、しっかりと勝ちきれたことは評価できる。この流れを今日で終わらせるのではなく中2日で行われる大宮アルディージャ戦まで持続させ、勝利を掴み取りたい。