読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

u393のサガン鳥栖な毎日

サガン鳥栖サポーター。サガン鳥栖、Jリーグ、サッカー。色んなことぼちぼちと綴ります。

大宮アルディージャ戦 プレビュー

明日、午後5時よりNACK5スタジアム大宮サガン鳥栖vs大宮アルディージャの試合が行われる。サガン鳥栖は前節、サンフレッチェ広島に2-3で敗れ、リーグ戦2連敗。2ndステージ優勝戦線からも大きく後退した。また、広島戦でフィッカデンティが審判への抗議で退席処分、豊田とカビルがともに警告を受け累積警告、今節は指揮官と前線の2人を欠く状況での戦いとなる。一方、大宮は前節、川崎フロンターレに3-2で勝利。難しい試合で勝利し2連勝できたことは鳥栖とは対照的にチームのムードは良いはず。1stステージでの対戦では途中出場の江坂のゴールで1-0で大宮の勝利。前節も江坂は決勝点を決めており、鳥栖としてはしっかりとマークしておきたい。ただ、大宮も川崎戦の警告でセンターラインの河本と横谷が出場停止、両チームともに代わって先発する選手の出来が結果を大きく左右するかもしれない。

まずはメンバーから。サガン鳥栖ゴールキーパーに林、最終ラインは右から藤田、ミンヒョク、谷口、吉田、中盤はアンカーにヨシキ、右に福田、左にミヌ、トップ下に鎌田、前線は富山と早坂を予想する。前線の2人が出場停止ということで富山と早坂の組み合わせだが、天皇杯セレッソ大阪戦ではともに途中出場をしており、富山はゴールも決めており、コンディションに問題はない。また、豊田やカビルとは異なる特徴として、プレーの選択肢が多く最前線でも1列下がってきても器用にプレーができる。その為、トップ下の鎌田を含めた3人でポジションを入れ替えながら攻撃を展開していけるだろう。ただ、絶対的エースとコンディションを上げてきていたカビルが出場できない影響は大きく、前線だけでなく中盤や最終ラインも連携し全員守備、全員攻撃で結果を出したい。大宮アルディージャゴールキーパーに塩田、最終ラインは右から奥井、菊地、横山、大屋、中盤は金澤と大山のダブルボランチ、右にマテウス、左に泉澤、前線は家長と江坂を予想する。その他にもムルジャペチュニクなど得点感覚に優れる選手も控えている。大宮の攻撃を操るのは家長で間違いない。前線でフリーマンになりボールを受け続け、守備はその存在を分かっていても抑えるのは難しい。トップの江坂、両サイドのマテウス、泉澤は個人の力でゴールに迫る能力を持っており、鳥栖はいつも通り組織としての守備は勿論だが、場面に応じて個人へのケアも頭に入れておかなければならない。リーグ戦こそ、浦和戦で2失点、広島戦で3失点と連続で複数失点をしているが、先日行われた天皇杯セレッソ大阪戦では個人技に優れる相手に対し安定した守備で完封勝利を飾った。連戦で体力面では苦しい状況だが天皇杯とはいえ勝利と結果を手にしたことで前節の敗戦を引きずらずにポジティブな気持ちでアウェイの地に乗り込めるはずだ。サガン鳥栖は2ndステージ優勝に望みを繋ぐために総力戦で勝利という結果を出し持ち帰りたい。