読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

u393のサガン鳥栖な毎日

サガン鳥栖サポーター。サガン鳥栖、Jリーグ、サッカー。色んなことぼちぼちと綴ります。

ベガルタ仙台戦 プレビュー

明日、午後6時30分よりベストアメニティスタジアムサガン鳥栖vsベガルタ仙台の試合が行われる。サガン鳥栖は前節、フィッカデンティ、豊田、カビルを欠く中、大宮アルディージャに1-1で引き分けた。2ndステージの優勝は限りなく厳しいものとなったが、最低限の目標であるJ1残留を決めた。1stステージを考えると今も残留争いしていてもおかしくはない成績だったが、ここまで堅いサッカーを作り上げたことは評価できるし、残りのリーグ戦も全て勝利で終わりたい。一方のベガルタ仙台は前節、残留争い真っ只中の名古屋に1-2で敗戦。直近5試合の試合も1分4敗と波に乗れていない。ただ、残留はほぼ決定している為、鳥栖と同様に残りのリーグ戦を気持ちよく締めくくる為に是が非でも勝利が欲しいはずだ。

まず、鳥栖のメンバー。ゴールキーパーは林、最終ラインは右から藤田、ミンヒョク、谷口、吉田、中盤はアンカーにヨシキ、右に早坂、左に福田、トップ下に鎌田、前線は豊田とカビルの2トップ。今節はミヌが累積警告で出場停止。そのポジションには早坂が入る見込み、早坂は複数のポジションを高いレベルでこなせる為、前節も含めこういうアクシデントの時には非常に頼りになる選手だ。前線の2枚は出場停止明けの2人が並ぶと予想されるが、1stステージでの対戦で2ゴールを決めている豊田には期待したい。仙台のメンバーはゴールキーパーに関、最終ラインは右から大岩、渡部、平岡、石川、中盤は富田と三田のボランチ、右に奥埜、左に梁、トップはパブロ・ジオゴとハモン・ロペスを予想する。仙台は主力に怪我人がおり、ベストメンバーを組めない試合が続くが、どの選手も能力は非常に高く、前線は少ない人数でもフィニッシュまでいく力があるため、鳥栖は組織的に全体を見て守備をしなければ相手のペースに持ち込まれるだろう。前節の大宮戦ではセットプレー崩れからの失点のみで最後まで集中して守備ができた。厚みのある攻撃と集中した守備の両面を90分間続けることは難しいが、サガン鳥栖はどのチームからも守備のチームと思われているだけに精度を高めて厚みのある攻撃をすることが守備をする上でも重要であり、来シーズンを見据えるとここ数試合ベンチ入りを果たしている二種登録でトップ昇格が決まっている石川の起用にも期待したい。明日は自分も現地で試合を観戦予定。もしかすると、今節が今シーズンの試合を観戦できる最後の機会になるかもしれないだけに勝利を見たい。