読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

u393のサガン鳥栖な毎日

サガン鳥栖サポーター。サガン鳥栖、Jリーグ、サッカー。色んなことぼちぼちと綴ります。

1ステージ制への逆戻り

来シーズンよりJ1リーグが1ステージ制に戻ることが理事会で承認された。2015シーズンよりJ1リーグJリーグ開幕当初の2ステージ制に移行されていた。その狙いはJリーグ全体の注目度や収入を上げることなど様々なことが考えられるが、正直Jリーグが盛り上がったような感じは全くなく、チャンピオンシップを導入したことによりリーグ全体の日程を前にずらす必要があり、その結果、日程は必然的に過密になった。冷静に考えれば分かる問題だが、たった2年で元の1ステージ制に戻すことを考えても先のことを考えずに決断をしていたことがよくわかる。今、日本代表は最終予選で苦しんでいるが、Jリーグの発展は日本サッカーの発展に繋がると思っている。Jリーグがこのような状況であれば、日本代表の衰退も関係していないとは言えないだろう。1ステージ制への移行の他にも、外国籍選手の登録枠増加、サマーブレイクの導入など、来シーズンに向けて、今後この他にも様々なことが公になってくると思うが、今回の決断が本当に日本サッカーの未来を見据えているのかは分からない。選手はどんな方式であっても全力で試合をすることは変わらない。ただ、試合以外の部分で環境やルールが変われば、モチベーションなどメンタル面への影響は出てくるはず。来シーズンはそういう意味でも協会側がリーグ全体を見て、しっかりと精査して、常に改善し前進していくことが大切。もっと楽しく人気のあるJリーグに、そして、もっと強い日本サッカーになる為に。そんな希望を胸に抱きつつ、今回の大きな発表、協会の決断が正解であることを祈りたい。