読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

u393のサガン鳥栖な毎日

サガン鳥栖サポーター。サガン鳥栖、Jリーグ、サッカー。色んなことぼちぼちと綴ります。

横浜F・マリノス戦 プレビュー

サガン鳥栖 プレビュー Jリーグ 横浜F・マリノス

明日、午後2時からベストアメニティスタジアムサガン鳥栖vs横浜F・マリノスの試合が行われる。サガン鳥栖は今節がリーグ戦ホーム最終戦、前節はアウェイで柏レイソルに3-2で勝利し、このままの流れをリーグ戦残り2試合維持し、勢いを持った状態で天皇杯に挑みたい。横浜F・マリノスは前節ホームでガンバ大阪と2-2のドロー、内容も評価できるものだったが2度のリードを守れなかった。ただ、絶対的エースが確立できてない中、攻撃の鋭さがあり、若手の勢いには注意したい。

まず、両チームのメンバーを予想する。サガン鳥栖のメンバーはゴールキーパーに林、最終ラインは右から谷口、ミンヒョク、青木、吉田、中盤はアンカーにヨシキ、右にミヌ、左に福田、トップ下に鎌田、前線は豊田と富山と予想。前節の柏戦で右サイドバックの藤田が負傷交代、その際も右サイドに谷口がスライドする形で残り時間も戦ったが、今節も引き続き谷口は右サイドでの起用が濃厚。縦への推進力やクロスなどサイドバックらしいプレーは中々難しいかもしれないが、マッチアップが考えられる斎藤学との1対1で対人の強さを発揮してほしい。斎藤への対応次第で鳥栖のペースは大きく左右されるだろう。横浜F・マリノスのメンバーはゴールキーパーに榎本、最終ラインは右から小林、中澤、パク・ジョンス、金井、中盤は天野と喜田のダブルボランチ、右にマルティノス、左に斎藤、トップ下に前田、最前線は富樫を予想する。攻撃に関しては若手が結果に絡んできているイメージがあり、ペースに乗られると止めるのは容易ではない。また、鳥栖は最終ラインを含めて守備時にサイドを広くスピード感のある攻撃への対応が上手くなく、今節は青木も加わる為、マリノスの2列目のスクランブルな攻撃は厄介。いつもより守備のコミュニケーションには注意を払う必要があるだろう。

サガン鳥栖は前節3得点を奪い、どのゴールも複数人がボールに絡んだ良い攻撃だった。守備こそ2失点をしてしまったが、アンラッキーな失点もあり、攻撃の質の向上をポジティブに捉えたい。豊田がサガン鳥栖の絶対的エースであることは間違いないが、富山、鎌田、そのほかの選手もゴールができていることは評価でき、これからのサガン鳥栖の進化を考えると絶対に必要なことだ。フィッカデンティのサッカーは相手のストロングポイントをしっかりと把握した上で相手ごとに戦術を変えるが、残りの試合はサガン鳥栖がこの1年間でどのようなチームになり、どのようなことができるようになったのか自信を確信に変える試合にしたい。100%の力を出し、ミヌを笑顔で送り出したい。天皇杯はあるが、観客は今節のほうが多いはず。多くのサポーターにサガン鳥栖のNo.10を目に焼き付けてほしい。私も現地で観戦したかったが、仕事の都合で行けない為、スタジアムに足を運ぶ方は私を含め現地に行けないサポーターの分まで応援してほしい。最高の瞬間、最高の結果が生まれることを期待する。