読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

u393のサガン鳥栖な毎日

サガン鳥栖サポーター。サガン鳥栖、Jリーグ、サッカー。色んなことぼちぼちと綴ります。

ヴァンフォーレ甲府戦 プレビュー

ヴァンフォーレ甲府 サガン鳥栖 プレビュー Jリーグ

明日、午後1時30分より山梨中銀スタジアムサガン鳥栖vsヴァンフォーレ甲府の試合が行われる。2016シーズンのリーグ戦も今節が最終節、ヴァンフォーレ甲府としては残留争いの渦中におり、この試合の結果で全てが決まる相手との戦いはサガン鳥栖としては難しいものになるだろう。サガン鳥栖は前節、横浜F・マリノスにミヌと富山のゴールで2-0とリードしながら後半に追い付かれ2-2のドロー。結果は出なかったが内容は決して悪くなかった。最終節ということもあり、何も変える必要はなく、1年間の集大成を内容と結果で示したい。

ヴァンフォーレ甲府は前節、降格が決まっている湘南ベルマーレに0-1で敗れた。残留を争うライバルが揃って敗れた為、絶対絶命という事にはならず、自力で残留を決められる立場にある為そこまで重い雰囲気にならず、試合に臨めるのではないだろうか。ただ、勝ち点差はわずかに1、尚且つ残留争いをしている他のチームに比べ、得失点差−25と10点ほど不利な状況である事を考えるとしっかりと勝ち切ることが必須と言える。激しく熱い戦いが期待できる。

まずは両チームのメンバーを予想する。サガン鳥栖ゴールキーパーに林、最終ラインは右から谷口、ミンヒョク、青木、吉田、中盤はアンカーにヨシキ、右にミヌ、左に福田、トップ下に鎌田、前線は豊田と富山の組み合わせを予想。右サイドバックは前節に続き、負傷の藤田に変わり谷口が入ると思われるが、甲府のシステム3-4-3は鳥栖が苦手なシステムであり両サイドでの主導権が非常に重要になる為、中盤のサポートを含め両サイドバックのプレー、本職ではない谷口のプレーはこの試合の1つのキーになるといってもいいだろう。前線は複数得点が続いており、今節も豊田、富山、鎌田のトライアングルには期待したい。

続いてヴァンフォーレ甲府のメンバー。ゴールキーパーは河田、最終ラインは右から土屋、山本、津田の3バック、中盤は黒木と新井のダブルボランチ、右ワイドに松橋、左ワイドに橋爪、前線は田中と稲垣の2シャドー、ワントップにダヴィが入ると予想する。ドゥドゥが負傷の影響でフル出場が難しいとの情報があり、ベンチスタートが考えられる。前節の戦いを見ても、守備の我慢強さはあるが得点力が乏しく、リーグ戦での複数得点を見ると8月27日の大宮アルディージャとの一戦まで振り返ることになる。そうなると、勝ちを狙いにいく今回の試合は攻撃と守備のバランスが崩れやすくなる可能性も考えられる。甲府としての理想のパターンは前半は無失点を念頭に置き、攻撃はノーリスクの場面のみ、そして後半にドゥドゥを始め攻撃の駒を投入し、ゴールを奪い、1-0での勝利という流れ。鳥栖としては相手に合わせてしまうのではなく、自分たちのやりたいことにスポットを当ててプレーしたい。先制点を奪えば、相手のバランスは間違いなく崩れやすくなり、その隙をしっかりと突いていく展開に持ち込めると楽に試合を運べるだろう。最終節、鳥栖甲府もリーグ戦1/34以上の意味を持って試合に臨むはず。ただ、33/34の経験をしっかりと活かしたほうに結果は出るかもしれない。最高の試合を期待する。