読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

u393のサガン鳥栖な毎日

サガン鳥栖サポーター。サガン鳥栖、Jリーグ、サッカー。色んなことぼちぼちと綴ります。

天皇杯 サンフレッチェ広島戦 プレビュー

明日、午後3時よりベストアメニティスタジアム天皇杯4回戦、サガン鳥栖vsサンフレッチェ広島の試合が行われる。先週、J1リーグ戦は全日程が終了し、チャンピオンシップに出場できないクラブの残された公式戦は天皇杯だけとなる。つまり、負けた瞬間に今のメンバーでの最後の試合となり、この試合がサガン鳥栖、またサンフレッチェ広島での最後の試合となる選手も出てくるだろう。ただ、勝利すれば同じメンバーで1日でも長く試合ができる。サガン鳥栖サンフレッチェ広島もチームを支えてきてくれた選手の為に是が非でも勝ちを掴みたい。リーグ最終戦を振り返ると両者、しっかりと勝利し天皇杯へ良いイメージのまま望むことができるだろう。今シーズンのリーグ戦での対戦成績は広島の2勝。サガン鳥栖サンフレッチェ広島への苦手意識は少なからずあるが、1stステージでの対戦より2ndステージでの対戦が明らかに力の差はないと言える戦いだった。サガン鳥栖は自分たちの形をしっかりと出す事が大切だが、2敗して見えた反省点を改善することがもっと大切かもしれない。来シーズンを見据えると苦手な相手や相性の悪いシステムを敷く相手との戦いで勝ち点を拾っていくことが大事であり、サンフレッチェ広島に勝利する事で良いイメージも作りたい。

まずはメンバーから、サガン鳥栖ゴールキーパーに林、最終ラインは右から吉田、ミンヒョク、谷口、三丸、中盤はアンカーにヨシキ、右にミヌ、左に福田、トップ下に鎌田、前線は豊田と富山を予想する。今回の広島戦にしても、今シーズンはメンバーが大きく変わることはなかった。だからといって、主力だけ極端に秀でている訳ではなく、サブのメンバーも試合に絡めば自分の役割を理解しプレーできるようになった。チームの選手人数が少ない事は怪我や出場停止のアクシデントの時に不安を残すが、今シーズンはそのリスクを犯してでもチーム全体の戦術理解を深めることができたのはプラスと言えるだろう。

サンフレッチェ広島ゴールキーパーに林、最終ラインは右から塩谷、野上、水本の3バック、中盤は青山と丸谷のボランチ、右ワイドに柏、左ワイドに清水、2シャドーは柴崎とアンデルソン・ロペス、1トップはピーター・ウタカを予想する。広島は個の能力も組織としての の能力も高いのが特徴。個人だけに気をとられると2人目、3人目が顔を出す。その連動性はチーム内で徹底されており、バイタルエリアに進入されて相手を捕まえるのは容易ではない。つまり、広島に対してはどこのポジションにボールがある段階でチャレンジを始めるのかが凄く大事で、闇雲にプレッシャーをかければ上手くかわされ、体力の消耗に追い込まれる。ただ、ここで一番厄介なことが鳥栖と広島のシステムのミスマッチだ。鳥栖を守備側で考えると相手の1トップは谷口もしくはミンヒョクがマークするが、シャドー2人はヨシキが両選手を見る形となる。ミヌ、福田が中に絞り、ヨシキをサポートすればサイドには広大なスペースが生まれ、広島の両ワイドを自由にすることとなり、主導権を握られかけない。その為にも鳥栖はピッチを広く使われることはなるべく避けたい。我慢する時間帯も多くなるかもしれないが、ピッチを広く使うということは逆に考えるとスペースが生まれる。奪いどころを絞り、カウンターでチャンスを作りたい。結果が全てのトーナメント、何としてでも勝ちを。ミヌの為にも。