読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

u393のサガン鳥栖な毎日

サガン鳥栖サポーター。サガン鳥栖、Jリーグ、サッカー。色んなことぼちぼちと綴ります。

セレッソ大阪戦 プレビュー

明日15:00からキンチョウスタジアムサガン鳥栖vsセレッソ大阪の試合が行われる。前節サガン鳥栖は原川のフリーキックで挙げた1点を守り抜きサンフレッチェ広島に勝利、今シーズン初勝利を挙げた。一方、セレッソ大阪は前節、同じく昇格組のコンサドーレ札幌を相手に先制するも追いつかれドロー。未だにリーグ戦では勝利がないが過去にサガン鳥栖を率いたユン監督の元、厚い戦力で決して楽に勝てる相手ではないだろう。

まずは両チームのメンバーを予想する。サガン鳥栖ゴールキーパーに権田、最終ラインは右から藤田、ミンヒョク、谷口、吉田、中盤はアンカーにヨシキ、右に福田、左に原川、トップ下に鎌田、前線は豊田と富山を予想。水曜日に行われたアルビレックス新潟とのルヴァン杯グループリーグ初戦では2-2でドローには終わったもののアピールに成功した選手もおり、攻撃のオプションとしてできることが増えてきたことはチームとしてとても大きい。またセリエAカリアリより加入が発表されたコロンビア代表のイバルボも今節の遠征メンバー帯同が監督より明言され、Jデビューを飾る可能性は高い。ポジションは2トップまたトップ下、中盤のシステムがボックスに変更した場合はサイドハーフでの起用が考えられる。ビッグネームのプレーに鳥栖サポーターだけでなく、多くのサッカーファンが注目することだろう。

セレッソ大阪のメンバーはゴールキーパーに丹野、最終ラインは右から松田、ヨニッチ、山下、丸橋、中盤は山口とソウザのダブルボランチ、右に清武、左に柿谷、トップ下に山村、1トップは杉本を予想する。ゴールキーパーキム・ジンヒョンこそ離脱中だがベストメンバーと言える布陣。魅力ある攻撃陣は代表経験者が名を連ねる。ロングボールでも足元で細かく繋いでも、中央からでもサイドからでも、どこにもストロングポイントといえる武器がある。攻撃だけをピックアップすればセレッソはJ1でもトップクラスだが、問題は決定力と守備力。実際に前節も先制しながら追加点のチャンスをものにできず、最終的に追いつかれている。

今節の戦いではお互いが自分たちのサッカーを体現し、良い流れの中でしっかりと点を決め切れたほうが勝利するだろう。サガン鳥栖は前節の勢いをそのままに連勝を飾りたい。