読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

u393のサガン鳥栖な毎日

サガン鳥栖サポーター。サガン鳥栖、Jリーグ、サッカー。色んなことぼちぼちと綴ります。

FC東京戦 プレビュー

明日、味の素スタジアムサガン鳥栖vsFC東京の試合が行われる。2週間の中断期間を挟んでのリーグ戦だが、中断前の両チームの成績は両極端。お互いにシーズンを前に多くの選手を補強したがスタートから結果が出ているのはFC東京サガン鳥栖は内容こそ悪くないものの昨シーズン序盤と同様に結果がついてこない。ただフィッカデンティ体制2年目となり選手たちも自分たちのサッカー自体が間違ってはいないと共通理解を持っているはず。波に乗る強豪を相手にぶれずに90分間やり続ける事ができれば結果はついてくる。前節は攻撃も守備も一体感なく試合が終わってしまっただけに今節は負傷明け、新加入の選手を含め攻守にまとまりある戦いを期待したい。

まずは両チームのメンバーから。サガン鳥栖ゴールキーパーに権田、最終ラインは右から藤田、ミンヒョク、谷口、吉田、中盤はアンカーにヨシキ、右に小野、左に原川、トップ下に鎌田、前線は豊田とイバルボの組合せを予想する。先週のTMで小野が復帰し右インサイドハーフのポジションに入るだろう。前線は前節に引き続きイバルボがスタートから起用されると予想するが、イバルボのプレースタイルを考えると途中からでも十分脅威になれるし、逆にスタートから起用し前線からの守備のバランスが崩れる不安を考えると先制点の重要性がいつも以上に高まるだろう。

FC東京ゴールキーパーに林、最終ラインは右から室屋、森重、丸山、太田、中盤は橋本と田辺、右に永井、左に中島、トップ下に阿部、最前線は大久保を予想する。代表合宿で高萩が負傷したものの先発以外のメンバーを見ても選手層はかなり厚く、攻撃陣はウタカ、前田、東など途中からでも流れを変えられる駒が揃っている。直近の公式戦を見ても攻撃で相手を圧倒しており、FC東京の攻撃をサガン鳥栖がいかに耐え隙を付けるかがポイントとなる。サガン鳥栖としては早い時間での失点はプランを変更せざるを得ない状況となるため、全体をコンパクトにし、まずは守備を優先し試合を進めていきたい。今シーズン、勝利を手にした広島戦も決勝点は原川のフリーキックで、流れから得点できるパターンがまだ少ないことを考えると相手が疲弊した時間帯に勝負をつけたい。まだチームが出来上がっていないサガン鳥栖にとって中断期間の2週間は貴重な時間となったはず。ここから勝利を積み重ねるためにも、ここでの上位との闘いは絶対に勝ち切りたい。