読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

u393のサガン鳥栖な毎日

サガン鳥栖サポーター。サガン鳥栖、Jリーグ、サッカー。色んなことぼちぼちと綴ります。

アルビレックス新潟戦 プレビュー

明日、15:00よりベストアメニティスタジアムサガン鳥栖vsアルビレックス新潟の試合が行われる。サガン鳥栖は前節、FC東京に先制しながら後半立て続けに3失点。敗戦のムードが漂う中、土壇場で追いつき勝ち点1をゲット。アルビレックス新潟ガンバ大阪を相手に一時は勝ち越すが逆転を許し敗戦。どちらもストロングポイントを出せた時間帯はあり、あとは90分間で勝ちを引き寄せる戦い方を11人が共通してできるか。リーグ戦での勝利は鳥栖が1、新潟が0と、お互いに波に乗り切れていない。まだリーグ戦は序盤ではあるが上位進出の為にも順位の近い相手に負けは許されないだろう。

まずはメンバーを予想する。サガン鳥栖ゴールキーパーに権田、最終ラインは右から藤田、ミンヒョク、谷口、吉田、中盤はアンカーにヨシキ、右に小野、左に原川、トップ下に鎌田、前線は豊田とイバルボを予想。前節の失点も2失点は連携面でのミス。フィッカデンティのサッカーはやることは細かく、相手によって戦術を変えることもあるが、危険なエリアではシンプルにハッキリとしたプレーを心がけたい。昨シーズンから不動の4バックで権田を支えたい。攻撃面はまだまだ噛み合っているとは言えないが、その中でも前節はイバルボが得点に絡みサガン鳥栖の新たな得点パターンが見え始めており、控えメンバーも含め守備に重点を置き過ぎるのではなくトドメを刺す攻撃にも期待したい。

アルビレックス新潟ゴールキーパーに大谷、最終ラインは右から矢野、大野、ソン・ジュフン、酒井、中盤は小泉と原のダブルボランチ、右に加藤、左に山崎、前線はホニとチアゴ・ガリャルドの組み合わせを予想。シーズン前に多くの主力がチームを後にし、攻撃も守備もまだ手探り状態といえる。ただ、守備から入り、奪ってからのカウンターは健在で、カウンターを完結させられるフィニッシャーもいる。また運動量が豊富な選手も多く、自分たちの自由が利かなくても我慢し、相手が隙を見せることを待つこともできる。昨シーズンのようにラファエル・シルバレオ・シルバなど絶対的な選手がいないことで、今シーズンは個の能力は落ちるが鳥栖からすると楽に戦える相手では決してないはず。

サガン鳥栖はこれまでのリーグ戦で前半は自分たちのサッカーができていても、後半に別のチームのように相手に主導権を握られる展開が多い。運動量を必要とする戦術であり、1人が決まり事を守らなかったり、サボったりすればいとも簡単に守備は決壊する。前節も後半にチームは崩れかけたが、終了間際の2得点で意味のある勝ち点を拾う事ができた。その勝ち点をより意味のあるものにする為にはアルビレックス新潟戦、しっかり勝ち切りたい。そして、試合終了のホイッスルまで諦めないサガン鳥栖らしさを見せてほしい。