読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

u393のサガン鳥栖な毎日

サガン鳥栖サポーター。サガン鳥栖、Jリーグ、サッカー。色んなことぼちぼちと綴ります。

ジュビロ磐田戦 プレビュー

明日、15時よりヤマハスタジアムサガン鳥栖vsジュビロ磐田の試合が行われる。サガン鳥栖は前節アルビレックス新潟に3-0で勝利。完勝言える内容とまではいかなかったが、2戦連続の3得点は得点力不足改善の兆しと言える。鳥栖デビューのセレッソ戦こそ無得点だったが、その後、攻撃に厚みが生まれチームとして結果も出ていることを考えるとイバルボという新たなピースに今節も期待をせざるを得ない。また前節は新加入の小野、ルーキー田川にゴールし、チーム内の競争という意味でも雰囲気はかなり良いだろう。現時点での順位を考えると今節の勝利は大きな意味を持つが、ヤマハスタジアムでは未だ勝利がなく敵地での初勝利を期待したい。

ジュビロ磐田は前節、横浜F・マリノスに1-2で敗戦。静岡ダービーで勝利し良い雰囲気の中で中村俊輔の凱旋試合となったが勝利を掴むことはできなかった。ただ、決して悲観的な内容ではなく中村を中心に動く前線は手数をかけなくてもゴールに直結する攻撃ができる。中村以外の選手がどちらかといえば受け手となる選手が多く、回ってきたチャンスをしっかり結果に結びつけたい。

まずはメンバーを予想する。サガン鳥栖ゴールキーパーに権田、最終ラインは右から藤田、ミンヒョク、谷口、吉田、中盤はアンカーにヨシキ、右に小野、左に原川、トップ下に鎌田、前線は豊田とイバルボの組み合わせ。前節の結果を考えるとメンバーを変えることは考えにくい。ただ、ベンチメンバーも結果を出しており、メンバーのチョイスはフィッカデンティとしても嬉しい悩みだろう。また、手術の影響で戦列から離れていた新加入の小林も前節は初のベンチ入り。アウェイでの難しい戦い、出番は回ってくるだろうか。

ジュビロ磐田ゴールキーパーカミンスキー、最終ラインは右から高橋、大井、森下、宮崎、中盤はムサエフと川辺のボランチ、右に中村、左に太田、トップ下に松浦、ワントップは川又を予想。何と言ってもジュビロ磐田の中心は中村俊輔。攻撃面だけが注目されがちだが運動量も多く、攻守に渡り、見せ場を作れる。周りの選手との関係がまだ確立されてはいないが、キックの正確さを考えるとたとえ1本だけでも受け手と出し手のタイミングが合えばゴールは生まれるだろう。周りがいかに、オフ・ザ・ボールでの動きを大切にできるかが攻撃の重要なポイントになりそうだ。

お互いにまだ波があり、目指すサッカーを毎試合体現できているとは言い難いが、そんな時こそ結果が何よりも大事。自信を持った状態でプレーしたほうが絶対に良いプレーができるはず。前節3-0で勝利したサガン鳥栖の選手には試合を重ねる毎に自信がついてきている。今節も勝利を収め、より上の順位へ。