読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

u393のサガン鳥栖な毎日

サガン鳥栖サポーター。サガン鳥栖、Jリーグ、サッカー。色んなことぼちぼちと綴ります。

ヴィッセル神戸戦 プレビュー

明日、19:00よりベストアメニティスタジアムサガン鳥栖vsヴィッセル神戸の試合が行われる。サガン鳥栖は前節、アウェイでジュビロ磐田と対戦。後半終盤にコーナーキックを豊田が頭で合わせ先制したが、その後立て続けに2失点し逆転負け。お互いにチャンスが多くない試合で終盤に先制するという理想の展開ではあった中、試合の終わらせ方に問題があった。クローザー的な選手がいないこともだが、チームの雰囲気を締める選手もおらず、体力的にも辛く全員の考えがバラバラになる終盤に共通理解を持てないとこれから勝てる試合も勝てなくなる。90分トータルの内容はもちろん大切だが今節の試合終了間際の戦い方の持つ意味は大きいだろう。ヴィッセル神戸は前節、ホームで柏レイソルに終了間際にゴールを許し敗戦。ただ、チーム自体は悪くなく、鳥栖ほどショッキングな敗戦とは言えないだろう。首位陥落となったが今シーズンの神戸は昨シーズン2ndステージの快進撃の勢いそのままにタイトルを本気で狙い、今のところ今シーズンの台風の目になっている。レアンドロこそ怪我で長期離脱中だが強力な攻撃陣は波に乗らせると容易に止められるものではない。

まずは両チームのメンバーを予想する。サガン鳥栖ゴールキーパーに権田、最終ラインは右から小林、ミンヒョク、谷口、吉田、中盤はアンカーにヨシキ、右に小野、左に原川、トップ下に鎌田、前線は豊田と田川。今シーズンは中々メンバー及びシステムを固定できていないが前節の敗戦を受け、今節はメンバーの変更が考えられる。攻撃では途中出場が続いている田川の起用を推したい。荒削りな部分は多いが自分の勝負できる形を持っており、何より今のチームに欠けているサガン鳥栖らしいガムシャラさを表現してくれるだろう。守備では怪我で戦列を離れていた小林の鳥栖デビューを期待したい。やはり、縦への速さがある神戸が相手なだけにサイドでの攻防で後手は踏みたくない。相手のキーマンである左サイドの大森に自由を与えない為にも小林を起用し守備から入るという意識を強く持ちたい。

ヴィッセル神戸のメンバーはゴールキーパーにキム・スンギュ、最終ラインは右から高橋峻、伊野波、渡部、松下、中盤はニウトンと高橋秀、右に中坂、左に大森、前線は渡邊と小林を予想する。最終ラインから前線まで縦にスピードのある選手が揃っており、相手のボールロストからゴール前まで手数をかけずに運ぶことができる。また、中でも外でも多彩な攻撃ができ、ダブルボランチも隙を見て中盤の底からゴール前まで進入する。鳥栖は守備時の対応としてボール保持者に食いつきすぎないことが重要になりそうだ。最近は個人で相手を潰しにいこうとするあまり、ピンチを招くシーンもあり、あくまでも個人ではなく組織で守る意識を忘れないようにしたい。また攻撃も勇気を持って高い位置でもボールを回すことが出来なければ相手に簡単にペースを渡すことになりかねないため、インサイドハーフより前の選手には強気な姿勢を期待する。シーズン序盤だか少しでも順位を上げるために勝ちを掴み取りたい。