読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

u393のサガン鳥栖な毎日

サガン鳥栖サポーター。サガン鳥栖、Jリーグ、サッカー。色んなことぼちぼちと綴ります。

セレッソ大阪戦 戦評

サガン鳥栖 戦評 Jリーグ セレッソ大阪

昨日、キンチョウスタジアムでJ1第4節サガン鳥栖vsセレッソ大阪の試合が行われた。結果は0-1でセレッソ大阪の勝利。サガン鳥栖は今シーズン初の連勝とはならなかった。セレッソ大阪は今シーズン初勝利。元サガン鳥栖の指揮官に初勝利を献上する形となってしまった。

まずはメンバーから振り返る。サガン鳥栖ゴールキーパーに権田、最終ラインは右から藤田、ミンヒョク、谷口、吉田、中盤はアンカーにヨシキ、右に福田、左に原川、トップ下に鎌田、前線は豊田とイバルボの組み合わせ。前節からメンバーの変更はほとんどないが、注目のイバルボが先発で早速のJデビューを飾った。

セレッソ大阪ゴールキーパーに丹野、最終ラインは右から松田、ヨニッチ、山下、丸橋、中盤は山口とソウザのボランチ、右に清武、左に柿谷、トップ下に山村、最前線には杉本が入った。やはり、攻撃陣は豪華で、個で局面を打開できる選手が揃っている。

ゴールシーンを振り返る。後半にセレッソ左サイドからのコーナーキック。ボールは一旦サガン鳥栖ディフェンスがクリアするが右サイドで清武がボールを拾いファーサイドへクロス、中に折り返されたボールを山村がヘディングで叩き込んだ。コーナーの流れから左右に振られ、清武のクロスに対して鳥栖ディフェンスがボールウォッチャーになりすぎた時点で勝負あり。まだ今シーズンはこの1点だけだが、得点が多くない鳥栖からするとセットプレーからの失点が多くなると苦しい。

試合を一言で表すと、何もさせてもらえなかった90分間だった。鳥栖の3ボランチセレッソの攻撃陣が徹底してチェイシングをかけてきたことで、低い位置からボールを回しをスタートさせてからの相手の隙を突いた攻撃はほぼなかった。それどころか最終ラインはパスコースがなく、前線にロングボールを放り込む展開となり、相手のチェイシングにより前に押し上げられない鳥栖の中盤はセカンドボールも拾えない悪循環となった。またセレッソのサイドチェンジを有効的に使ったパス回しは鳥栖の選手の体力を徐々に奪い、ビハインドの時にサガン鳥栖の選手が攻撃にかけられるエネルギーはわずかしか残っていなかった。それを考えると個で打開できる選手が頼りになるが、イバルボは後半の早い時間で交代、鎌田も自ら仕掛けて突破を図るが周りのサポートはなく球離れが悪くなり、セレッソディフェンスからすると守りやすい攻撃にしかならなかった。今節で浮き彫りになったのはフィッカデンティの当初のプランが上手くハマらなかった時の采配。上手くハマれば前節の広島戦のように相手の流れになることは少ないが、途中で戦術変更を余儀なくされると相手に合わせて相手の長所を消すことから考えるのか、自分たちのサッカーを押し進めるのか、うやむやになってしまう。今シーズンは攻撃に優れる選手が多く加入した。当然、点を取りにいくためのオプションも増えたはずだが、上手く噛み合っていない。ただフィッカデンティは試合で使って熟成度を高めていくスタンスの為、イバルボの起用も含めサポーターは我慢して見守るしかない。

 次節のFC東京戦はかなり難しい試合となることが予想されるが、それまでの2週間という期間、良い準備をして次こそは気持ちよく勝利したい。

セレッソ大阪戦 プレビュー

サガン鳥栖 プレビュー Jリーグ セレッソ大阪 イバルボ

明日15:00からキンチョウスタジアムサガン鳥栖vsセレッソ大阪の試合が行われる。前節サガン鳥栖は原川のフリーキックで挙げた1点を守り抜きサンフレッチェ広島に勝利、今シーズン初勝利を挙げた。一方、セレッソ大阪は前節、同じく昇格組のコンサドーレ札幌を相手に先制するも追いつかれドロー。未だにリーグ戦では勝利がないが過去にサガン鳥栖を率いたユン監督の元、厚い戦力で決して楽に勝てる相手ではないだろう。

まずは両チームのメンバーを予想する。サガン鳥栖ゴールキーパーに権田、最終ラインは右から藤田、ミンヒョク、谷口、吉田、中盤はアンカーにヨシキ、右に福田、左に原川、トップ下に鎌田、前線は豊田と富山を予想。水曜日に行われたアルビレックス新潟とのルヴァン杯グループリーグ初戦では2-2でドローには終わったもののアピールに成功した選手もおり、攻撃のオプションとしてできることが増えてきたことはチームとしてとても大きい。またセリエAカリアリより加入が発表されたコロンビア代表のイバルボも今節の遠征メンバー帯同が監督より明言され、Jデビューを飾る可能性は高い。ポジションは2トップまたトップ下、中盤のシステムがボックスに変更した場合はサイドハーフでの起用が考えられる。ビッグネームのプレーに鳥栖サポーターだけでなく、多くのサッカーファンが注目することだろう。

セレッソ大阪のメンバーはゴールキーパーに丹野、最終ラインは右から松田、ヨニッチ、山下、丸橋、中盤は山口とソウザのダブルボランチ、右に清武、左に柿谷、トップ下に山村、1トップは杉本を予想する。ゴールキーパーキム・ジンヒョンこそ離脱中だがベストメンバーと言える布陣。魅力ある攻撃陣は代表経験者が名を連ねる。ロングボールでも足元で細かく繋いでも、中央からでもサイドからでも、どこにもストロングポイントといえる武器がある。攻撃だけをピックアップすればセレッソはJ1でもトップクラスだが、問題は決定力と守備力。実際に前節も先制しながら追加点のチャンスをものにできず、最終的に追いつかれている。

今節の戦いではお互いが自分たちのサッカーを体現し、良い流れの中でしっかりと点を決め切れたほうが勝利するだろう。サガン鳥栖は前節の勢いをそのままに連勝を飾りたい。

サンフレッチェ広島戦 戦評

サガン鳥栖 戦評 Jリーグ サンフレッチェ広島

3月11日、ベストアメニティスタジアムでJ1第3節サガン鳥栖vsサンフレッチェ広島の試合が行われた。結果は前半の原川のゴールを守り切り1-0でサガン鳥栖が勝利し、今シーズンの初勝利を挙げた。一方、サンフレッチェ広島はチャンスを作りながら中々ゴールが生まれず今シーズンは未だに未勝利。得点も開幕戦での1ゴールのみと得点力不足が深刻な状況だ。未勝利同士の戦いは明暗が分かれる形となった。

試合を振り返る。まずは両チームのメンバー。サガン鳥栖ゴールキーパーに権田、最終ラインは右から藤田、ミンヒョク、谷口、吉田、中盤はアンカーにヨシキ、右に福田、左に原川、トップ下に鎌田、前線は豊田と富山。前節の川崎戦で負傷した小野のポジションには福田がスライドし、左に原川が入った。また前節、途中出場でJデビューを果たし大きなインパクトを与えた田川は今節もベンチ入り。サンフレッチェ広島ゴールキーパーに林、最終ラインは右から塩谷、千葉、水本の3バック、中盤は青山と丸谷のボランチ、右にミキッチ、左に清水、2シャドーはフェリペ・シウバと柴崎、最前線は工藤となった。青山は体調不良より復帰となったが、茶島が体調不良で離脱し、そのポジションには柴崎が入った。

ゴールシーンを振り返る。前半、広島ゴールから25mほど離れた左寄りの位置でフリーキックを獲得。キッカーは原川。右足から放たれたボールはゴール右上へ、林も反応するが届かず、そのままゴールネットに突き刺さった。開幕戦に続き、フリーキックでのゴール。前半は風上という影響もあったが、コース、スピードは完璧。これだけ質の高いボールを安定して蹴れる能力は最近の鳥栖を見てもナンバーワンだろう。ゴールシーン以外を見ても、サガン鳥栖の重要なピースとなっている。フィッカデンティのサッカーはレンタル元の川崎とは両極端と言え、オフェンシブな部分に良さを持つ選手は守備での決まり事に縛られすぎて良さを出せないことも多いが、開幕から3試合を見て加入から短期間でここまで攻守両面に持ち味を出せていることは良い意味で驚いている。今後のサガン鳥栖の躍進にも絶対に必要な選手であり、原川自身の飛躍のシーズンにもなってほしい。

今節は相性の悪い広島に対して良さを出させない守備ができていた。柏戦、川崎戦と自分達のミスからの失点があったが守備の集中力は過去2戦の反省をしっかりと生かせていた。鳥栖のシステム4-3-1-2と広島のシステム3-6-1は対峙した際にギャップが生まれ、中盤で鳥栖は数的不利になるが、前線の3人が前からチェイシングを続けゴールキーパーからのリスタートもさせないように徹底し、パスの出し所をある程度絞らせた。鳥栖の中盤はそのおかげでバランスを保った状態で左右のスライドを繰り返すことができた。3バックからの縦への楔に対しては、楔が入った後の2人目、3人目にしっかりと鳥栖の3ボランチがついていけていたことで大きなピンチはあまりなかった。鳥栖は中を締め、サイドは多少持たれても仕方がないという意識のように感じたが、サイドでも藤田、吉田が1対1で粘り強い対応、攻撃にも前に出ていきチャンスを作った。このサイドの攻防で負けていたら違った結果になっていたかもしれない。スコアこそ1-0で終盤は攻め込まれる時間帯もあったが、チャンスのシーンは明らかに増えてきており、後は前線の2人がしっかり決めてくれることを期待したい。ただ、シーズンも始まったばかりで、どのような形でも勝利が欲しかった鳥栖にとっては、ここから勢いに乗っていきたい。

サンフレッチェ広島戦 プレビュー

サガン鳥栖 プレビュー Jリーグ サンフレッチェ広島

3月11日、ベストアメニティスタジアムサガン鳥栖vsサンフレッチェ広島の試合が行われる。サガン鳥栖は前節、敵地で川崎フロンターレと対戦。先制を許すも同点に追いつき、逆転こそできなかったが途中出場の選手がしっかりと見せ場を作った。サンフレッチェ広島は前節、昇格組の清水エスパルスと対戦し0-1で敗戦。離脱者が多い中で広島のスタイルを変えずに戦えているが、やはり昨シーズンのチーム及びJリーグ得点王のピーターウタカの穴は大きく、ウタカの能力だけで点が取れていた部分もあったため、新加入の工藤などゴールゲッターの確立が待たれる。2017シーズンが開幕し未だに両チームは勝ちがない。どちらが勝利という結果を得ることができるか。

両チームのメンバー予想から。サガン鳥栖ゴールキーパーに権田、最終ラインは右から藤田、ミンヒョク、谷口、吉田、中盤はアンカーにヨシキ、右に福田、左に原川、トップ下に鎌田、前線は豊田と富山。前節の川崎戦で開幕より2戦連続で先発出場していた小野が負傷交代、負傷交代後と同じように右には福田がスライドし、原川が左で出場しそうだ。原川が3ボランチの一角を務める事で中盤の底からでも前線に勝負のパスを出すことができ、狭いスペースでもボールを受けられるため人もボールも動く潤滑油の役割を担ってくれるだろう。また富山も腕を負傷し、軽度なものではあると思われるが、違う選手が抜擢される可能性も低くはないだろう。サンフレッチェ広島ゴールキーパーに林、最終ラインは右から塩谷、千葉、水本の3バック、中盤は稲垣と森島のダブルボランチ、右にミキッチ、左に清水、2シャドーにはフェリペ・シウバと柴崎、最前線には工藤を予想する。広島の心臓である青山や左サイドの柏など、怪我や体調不良で多くの選手を欠くがチームの形は変わらない。若手の森島、新加入の稲垣、フェリペ・シウバ、工藤、どんな選手でも自分の役割を果たし、チームに自分のカラーを還元できている。ただ、点を取り切る、そして勝ち切る、という部分では鳥栖と同じく、まだ新チームの熟成度の低さが見える。自分たちのやり方に今以上に自信を付けるためにも両チームには勝利という結果が最も求められているだろう。受けに回るのではなく、90分間で自分たちから勝負をかけられたチームが勝利を掴むはずだ。

川崎フロンターレ戦 戦評

サガン鳥栖 戦評 Jリーグ 川崎フロンターレ

3月5日等々力陸上競技場でJ1第2節サガン鳥栖vs川崎フロンターレの試合が行われた。結果は1-1のドロー。両チームのストロングポイントが見えた非常に良い試合となった。サガン鳥栖は1失点はしてしまったものの川崎の攻撃陣にしっかりとついていけたことは大きな収穫。

試合を振り返る。まずは両チームのメンバー。サガン鳥栖ゴールキーパーに権田。最終ラインは右から藤田、ミンヒョク、谷口、吉田。中盤はアンカーにヨシキ、右に小野、左に福田、トップ下に鎌田。前線は豊田と富山。開幕戦を体調不良で欠場した福田がスタメンに復帰。ベンチには今シーズン初めてフランコと田川が入った。川崎フロンターレゴールキーパーチョン・ソンリョン、最終ラインは右から田坂、谷口、車屋、登里、中盤は大島とエドゥアルド・ネットのダブルボランチ、右に阿部、左に中村、トップ下に大塚、前線に小林となった。川崎は怪我人が多い中、上手く選手をやりくりしている印象。それでも川崎らしい攻撃的なサッカーは健在で新加入の家長や阿部がチームに溶け込むと、より手強いチームになるだろう。

ゴールシーンを振り返ると、前半に中村が小林にパスを送る。パスがズレて吉田の足元に、これを吉田がトラップミスし、小林はそのボールをドリブルでペナルティエリア内まで持ち込み、シュート。シュートはコースにスライディングしてきた谷口の足に当たり、ゴールへ。権田のニアサイドを抜き、ゴールネットに突き刺さった。 この失点は完全に防げた失点。準備が足りず、守備の良い判断ができなかった吉田のミスだろう。今回は前半の早い時間での失点、前節も後半開始直後に失点。試合への入りが悪く、尚且つ自分達のイージーミスで失点をしてしまっていては今後良い試合をしても勝ちを逃す事になりかねない。マッシモのサッカーでは守備時に周りとの連携が生命線であり、一人がサボれば守備は容易に崩れかねない。今回は吉田のミスだったが自分が対応する場面でもそうでなくても、どの判断がベストか常に考えなければ良い守備は完成しないし、今後は共通理解を更に深めたい。鳥栖は前半のうちに追いつく。右サイドの裏に抜け出した鎌田が深い位置からクロス。クロスはゴールキーパーのパンチングに合うが、ペナルティアーク付近に弾かれた浮き玉をヨシキがボレーシュート。真っ直ぐに飛んだボールは地を這い、ゴールに突き刺さった。前節の原川のゴールに続き、ビューティフルなゴールとなった。走行距離や守備面がピックアップされるヨシキだが、アンカーの選手がこうやって直接的にゴールに絡んだり、攻撃のスイッチを入れる回数がもっと増えていくと得点力不足解消にも繋がっていくはずた。

リーグが開幕し1分1敗。開幕戦も悲観する内容ではなかったが今節はより評価できる内容でありチームとしての不安はあまり大きくない。ただ、昨シーズンの前半戦も良い試合をしても結果が出ないことが多く、それを考えると今は内容も大切だが結果が欲しい。結果によってチームに勢いが生まれることもある。今節で小野が負傷交代、富山も腕を負傷し、今後離脱する可能性も考えられ、チームとしては今後苦しい戦いとなるかもしれないが、今節途中出場の原川、田川がしっかりと見せ場を作り、次節以降の活躍を期待させてくれる。次節サンフレッチェ広島戦はベストアメニティスタジアムで勝利を掴みたい。

柏レイソル戦 戦評

サガン鳥栖 戦評 Jリーグ 柏レイソル

2月25日、ベストアメニティスタジアムサガン鳥栖vs柏レイソルJ1リーグ戦第1節が行われた。結果は1-3で柏レイソルの勝利。鳥栖は前半に先制しながらも後半に3失点、昨シーズンで守備戦術を浸透させたように思えたが開幕戦から3失点は不安なスタートとしか言えない。試合を振り返る。

両チームのスターティングメンバー。鳥栖ゴールキーパーに権田、最終ラインは右から藤田、ミンヒョク、谷口、吉田、中盤はヨシキと原川のダブルボランチ、右に小野、左に鎌田、前線は豊田と富山の組み合わせとなった。中盤は試合の流れとともに常に流動的に動いていたように思うが、中盤の選手だけでなく他の選手たちも昨シーズンとは違う戦い方に戸惑いを感じているように見える場面もあった。単純に連携が深まっていない部分もあり、試合を重ねる事で改善されるような場面も多くあった為、今後に期待したい。ただ、新たなシステム、新たなメンバーの中で持ち味を100%発揮できていたとはいえないが新加入の原川、小野の両選手はよくやれていたと感じた。原川のキックの質や攻撃センスは昨シーズンにはない攻撃に繋がっていたし、小野は最前線のポジションで起用されると思っていたがサイドで起用され技術の高さに加え気持ちのこもった熱いプレーを見せてくれた。お互いに守備のやり方やチームとしての決まり事をしっかり覚えて、勝手に身体が反応するようになれば絶対に良くなるし周りにも好影響を与えてくれるはず。

柏レイソルゴールキーパーに中村、最終ラインは右から鎌田、中谷、中山、輪湖、中盤は大谷と小林のダブルボランチ、右に伊藤、左にクリスティアーノ、前線はディエゴ・オリヴェイラとハモン・ロペスとなった。前線4人の攻撃力はJ1でもトップクラスで、個の力でゴールを奪えるだけでなく、これからコンビネーションが深まれば使われるだけでなく周りも使える厄介な攻撃陣になりそうだ。中谷、中山の両センターバックは若手ながらに守備の要のポジションでレギュラーを掴んでいる数少ない選手なだけに鳥栖の豊田・富山に対しても互角以上のパフォーマンスを見せた。

ゴールシーンを振り返ると前半に鳥栖がゴール前で左でFKを獲得。原川が蹴ったボールは綺麗な放物線を描いてゴールに吸い込まれた。控えスタートだった小川を含め、精度の高いボールを蹴れる選手が増えた事はシンプルにチャンスの回数が増えると言ってもいいだろう。昨シーズンはキッカーが固定されず、富山が任されたほどで、今日の原川のキックを見るとコーナーでも惜しいシーンがあり、鳥栖の新たな武器として十分な能力と言えるだろう。後半、柏は2点をともにPKでゲット。ファールのシーンは様々な考え方がある為、ここでは書かないがPKだけで逆転されたことは手ごたえのある試合ができていた鳥栖からすると悪くないのに負けているという難しい心理状態になり、その後はミスを恐れ積極性を欠くプレーが増え、完全に流れを渡した。同点にされた1点目のPKも後半開始直後と時間帯が悪く、試合をマネジメントする上でバランスを崩す要因ともなった。そして、流れを取り返せないまま、左サイドからのクロスをディフェンスの間に入った武富にヘッドで決められ3失点目。おそらく、この失点は普通であれば防げたと思うし、防ぐべき失点だったが、浮き足立ったチームには仕方ない失点となってしまった。

1-3というスコアほど実力差は感じなかったし少し不運とも言える失点もあったが、このスコアになったことにはなにか原因があるし素直に今の実力と認めたい。あと、3失点目をくらった後に気になったことがある。全く次の1点を取ろうという気持ちが見えなかったことだ。柏の前線の選手が怖いのは分かるが、少しオーバー気味にも前線に出ていってもいいと思う時間帯で最終ラインでパスを回すシーンも見られた。昨シーズンに引き続きサガン鳥栖に残留してくれた選手も新加入の選手もこれまでのサガン鳥栖20年の歴史の中でも一番と言ってもいい選手たちが集まってくれたと思うが、タイトルを目指し何かを変え試行錯誤する中でチームが良い方向ではなく、90分間諦めない気持ちを見せるサガン鳥栖らしさを失ってしまうようなことはあってほしくない。それならタイトルなど目指さないほうがましだ。まだ1試合目だがシーズン34試合なんてあっという間、少し休んで考える時間なんてない。次のアウェイ川崎フロンターレ戦も待ってはくれない。大きく変える事はできないし何もかも変える必要はないと思うが、サガン鳥栖らしさという初心を思い出し、次こそは勝利を掴みとりたい。

柏レイソル戦 プレビュー

サガン鳥栖 Jリーグ 柏レイソル プレビュー Jリーグ 柏レイソル

2月25日、ベストアメニティスタジアムサガン鳥栖vs柏レイソルの2017年Jリーグ開幕戦が行われる。サガン鳥栖は悲願の初タイトルへ開幕からスタートダッシュを切りたい。柏レイソルも昨シーズンはタイトルは獲得できておらず、今シーズンにかける意気込みは高いだろう。開幕戦からレベルの高い、熱い試合を期待する。

両チームのスターティングメンバーの予想。サガン鳥栖ゴールキーパーは権田、最終ラインは右から藤田、ミンヒョク、フランコ、吉田、中盤はアンカーにヨシキ、右に小川、左に福田、トップ下に鎌田、前線は豊田と富山を予想する。システムは今シーズンも4-3-1-2で変更はない。大きな変化は林とミヌのポジション、権田はこれまでの実績や経験、またFC東京フィッカデンティのサッカーを知っていることを考えると全く問題はなさそうだが、小川はどこまで早く鳥栖のサッカーにフィットできるかが鍵になりそう。先日の水原戦で小川の動き自体は悪くなかったが、小川の良さを考えると守備やチームの決まり事に追われ、持ち味を出せているとは言い難かった。元々、名古屋では攻撃的なポジションを任され、攻撃センスではトップ下で起用されてもおかしくはない。プレースキックのキッカーを含めインサイドハーフの位置で攻撃に持ち味を出せれば昨シーズンのチームの課題でもあった得点力不足の解消に繋がるだろう。

柏レイソルゴールキーパーに中村、最終ラインは右から今井、中谷、中山、輪湖、中盤は大谷と小林のダブルボランチ、右に伊藤、左にクリスティアーノ、前線はディエゴ・オリヴェイラとハモン・ロペスを予想。今シーズンの柏レイソルは最低限の補強のみに留まった印象があるが、ベガルタ仙台より加入したハモン・ロペスは昨シーズン鳥栖ハットトリックを決めた相性の悪い相手であり、前線の攻撃力はJ1でも屈指。前線に攻撃で良さを発揮する選手が多いが故に前線からの守備のスイッチを入れる事ができるかは未知数。魅力ある攻撃陣は上手く得点が取れなければ相手に流れを渡してしまう反面もある。ただ、それを差し置いても余りある攻撃力はどのチームも警戒が必要だろう。

今回の試合のポイントはサイドにあると考える。サガン鳥栖は右に小川と藤田、左に福田と吉田。柏レイソルは右に伊藤と今井、左にクリスティアーノと輪湖。比較するとやはりレイソルの攻撃力が目立つが、鳥栖の左サイドは昨シーズンから変わらずJ1でも屈指の守備力を誇る。昨シーズンの柏レイソルとの対戦でも伊藤の突破を吉田が止めるシーンが印象に残っており、後手を踏むシーンはそう多くはないだろう。ただ、問題は鳥栖の右サイド。新加入の小川と藤田の連携が100%ではなく、水原戦でも右サイドでのミスから失点した事を考えると中へのカットインがあるクリスティアーノと縦に速い輪湖の組み合わせは非常に厄介だ。常にマークの受け渡しをハッキリし、選手間の距離感に気をつける必要があるが、相手の長所を消し、そこを突く事が鳥栖の長所でもある。チームの決まり事をしっかりこなせば、豊富な運動量がベースにある鳥栖にとって絶対に自分達が優位に試合を動かせる時間帯が絶対にやってくる。そこで点を取るべき時に取れるかが今シーズン鳥栖が一段上へステップアップする為に必要な事かもしれない。異なる武器を持った選手がサガン鳥栖にも増え、攻撃にアクセントを加えられる選手がいる事は開幕戦のような独特な雰囲気の中でも大きな力になるだろう。

いくらオフシーズンに補強が上手くいき、練習試合で勝てていても、シーズンが開幕すれば話は別。悲願のタイトルは目の前の試合一つ一つを全力で戦ってこそ、見えてくるもの。その為にも柏レイソルとの一戦は何が何でも勝利したい。