読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

u393のサガン鳥栖な毎日

サガン鳥栖サポーター。サガン鳥栖、Jリーグ、サッカー。色んなことぼちぼちと綴ります。

ジュビロ磐田戦 プレビュー

明日、午後7時からヤマハスタジアムサガン鳥栖vsジュビロ磐田の試合が行われる。サガン鳥栖は前節、首位川崎フロンターレに対し、90分間自分たちの狙い通りのサッカーを展開し、1-0で勝利。今シーズンのベストゲームともいえる内容だった。鳥栖としては好調のまま今節の勝利で2ndステージ優勝争いに食らいついていきたい。ジュビロ磐田は前節ガンバ大阪に0-2で敗戦し、3連敗中。ガンバ大阪戦の前2試合の敗戦もどちらも逆転負けというチームとしては苦しい状況が続いている。ジュビロ磐田は今シーズンからJ1に昇格し1stステージでは8位と良い結果を残していたが、2ndステージは4分4敗と未だ勝ち星なし。また、前節を最後にJ2時代からチームの攻撃の核であり続けた小林がオランダのヘーレンフェーンへ移籍し、磐田としては大きなダメージになるだろう。年間順位も13位まで下がり、残留を安心して待てる状況でもなくなり、今節の勝利で再度、チームのムードを上げていきたい。

試合展開を考えてみる。サガン鳥栖は前節の流れを継続し自分たちのペースで試合を進めたいため、メンバーの変更は考えにくい。ゴールキーパーは林、最終ラインは右から藤田、ミンヒョク、谷口、吉田、中盤は3ボランチのアンカーにヨシキ、右にミヌ、左に福田、トップ下に鎌田、最前線は豊田と早坂の2トップになるだろう。前節は交代枠を1つも使わないという珍しくフィッカデンティらしい采配だったが、今節は後半途中から新加入のエル・カビルとアイメン・タハールの起用があるのか、注目したい。ジュビロ磐田は中々チームも波に乗れず小林も移籍ということでメンバーの変更が考えられる。ゴールキーパーカミンスキー、最終ラインは右から藤田、大井、パパドプーロスの3バック、中盤は山本と宮崎のボランチ、右サイドが太田、左サイドが中村、トップ下には川辺、前線はジェイとアダイウトンの組み合わせを予想する。前節からの変更は八田からカミンスキー、森下からパパドプーロス、小林の位置に川辺がスライドしボランチに宮崎、森島からジェイと、外国籍選手を4人同時期用、小林が抜けた位置には川辺が入る。カミンスキーは怪我からの復帰。パパドプーロスは出場停止明けではあるが、逆転負けを喫したFC東京戦ではボールウォッチャーになる場面が多く、対人では強さを発揮するが連携や判断には不安が残る。川辺はボランチで長短パスや前線への飛び出しなどの良さを発揮しておりトップ下では小林と違う持ち味を持っているが自分でシュートまで持ち込んだり状況を一変できるプレーは小林より期待できないだろう。ジェイは森島に代わり出場すると思うが、前節を見ても得点こそないが森島は前線での守備やターゲットになり最低限の仕事はできていた印象がある。ジェイの懐の深さや決定力を考えれば勝てていないチームの中では何かしてくれる選手であることは間違いない。ガンバ戦は見ていると、3-5-2というシステムの3人の前のスペースを使われる場面が多く、攻撃は前線の3人+ワイド2人が高い位置を取る為、厚みはあるが攻撃が完結しなかった場合に守備への切り替えが少し遅く、相手にスペースを与え、守備の人数も少ない。サガン鳥栖ジュビロに高い位置でボールを持たれることは仕方ないがフィニッシュの部分はしっかりとケアしたい。ジュビロサガン鳥栖と同様にサイドからの攻撃が多く、サイドでの攻防が鍵になるだろう。相手のサイド攻撃に対してのセカンドボールをしっかり拾うことができればサガン鳥栖のペースにできるはず。また、ジュビロの3バックはビルドアップの能力があまり高くない為、前線からのプレッシャーも効果的だろう。調子で見れば対照的なチーム同士の対戦にはなるが、1stステージの対戦でもサガン鳥栖がチャンスを決めきれずに終了間際、ジュビロに得点を許し0-1で敗戦。サガン鳥栖は豊富な運動量を軸に90分間集中して戦いたい。