読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

u393のサガン鳥栖な毎日

サガン鳥栖サポーター。サガン鳥栖、Jリーグ、サッカー。色んなことぼちぼちと綴ります。

ガンバ大阪戦 プレビュー

明日、午後7時より市立吹田サッカースタジアムサガン鳥栖vsガンバ大阪の一戦が行われる。サガン鳥栖は未だ2ndステージ負けなし、前節は1stステージ王者の鹿島アントラーズに対して90分間集中を切らさず1-0で勝利した。ガンバ大阪は2ndステージ3勝2分1敗と完璧とは言えないものの良いスタートダッシュを切っている。前節は阿倍のファインゴールでサンフレッチェ広島に勝利。2戦連続のホームでの戦い、前節に引き続き良いムードで試合の臨んでくるだろう。好調同士の戦い、ここでの勝利は2ndステージ優勝に向けて大きく近づく勝利となる。

サガン鳥栖ガンバ大阪も前節の戦いを考えると、メンバーはあまり変更してこないだろう。ただ、サガン鳥栖はムスタファ・エル・カビルが加入し、この試合でメンバー入りする可能性がある。一方、ガンバ大阪リオ五輪の関係上、藤春と井手口がブラジルに派遣されている。チームの主力である選手がいないことは少なからずサガン鳥栖には有利に働くと思うが気は抜けない。ただ、1stステージではサガン鳥栖がホームで逆転勝利しており、その対戦からサガン鳥栖の勢いが増した印象すらある。その試合で2得点を決めたのが鎌田。今シーズン、フィッカデンティのサッカーでトップ下のポジションを任され、得点を演出するだけでなく、最前線まで飛び出して自ら得点を奪う役割も任されている。前節も決勝点に絡み、フィッカデンティのサッカーの中で大きく成長を遂げている。今回の戦いも鎌田を中心にチャンスを多く作り続けることが重要だ。ガンバ大阪は宇佐美が移籍、パトリックも不調、シーズンを通してコンスタントに点を取れる選手がいない印象。逆に考えれば、マークを限定するのではなく、前線のどの選手にも警戒をする必要があり、細かく繋いでも、アバウトな1本のパスでも、1人の選手の個人技でも、どのパターンも考えられる。サガン鳥栖の2ndステージの戦いを見れば、守備は自信を持っていいほど形が出来上がった。自分たちの守備を集中力切らさず継続し、好調のサイド攻撃で試合を決めたい。